きものの雑学

夏祭り

浴衣

 浴衣は本来、湯上がりに身に着ける部屋着であり、洋装が一般的になってからは寝間着としての用途が一般的で、外出にはふさわしくないものとされてきました。現代では、浴衣は夏のおしゃれ着のひとつとして、花火大会や縁日、盆踊り、さらにはレストランやテーマパークなどでも着られることが多くなりました。